①警察への通報

交通事故直後、最初に行うのが警察への通報です。

交通事故によるケガや後遺症の治療の際には警察が発行する交通事故証明が必要となります。

決して後回しにせず速やかに最寄りの警察署か派出所に連絡しましょう。

事故から日数が経過していると証明書が発行されないケースもありますので注意してください。

 


 

②保険会社への連絡

交通事故の治療には保険が適用されますので、警察への通報後はすぐにご自分が加入している保険会社へ事故の報告をしてください。

 


 

③病院を受診

交通事故の際の衝撃は想像以上に強く、身体は大きなダメージを受けています。

そして、事故直後は精神状態が乱れるため、そのときは自覚症状がないのに、後日経って痛みが発症することもまれではありません。

事故に遭ったら身体に変調がなくとも、必ず病院へ行って診察を受けることが大切です。

また、その際に必ず診断書をもらいましょう!

診断書を警察署に提出することで人身事故として扱われます。

また、今後の治療で補償される治療箇所としても診断書が重要になります。

 


 

④後遺症の心配のないように整骨院へ

病院で診断を受け、レントゲンやMRIなどの精密検査をしても検査結果は「異状なし」なのに、どうも気分がすぐれない、首や肩・腰などに痛みがあるという人は多いものです。

レントゲンなどではわからないのが交通事故の後遺症の厄介なところです。

そういう場合は、しかるべき整骨院を訪ねてみることをお勧めします。

【安易な示談は禁物です!】

病院で診断を受け、レントゲンやMRIなどの精密検査をしても検査結果は「異状なし」なのに、どうも気分がすぐれない、首や肩・腰などに痛みがあるという人は多いものです。

レントゲンなどではわからないのが交通事故の後遺症の厄介なところです。 そういう場合は、しかるべき整骨院を訪ねてみることをお勧めします。

 

※向日市・右京区・南区・京都市西京区桂のみなさん、万が一の際はすぐにご連絡を下さい。

image003

料金

関連記事