姿勢がよくなる正しい座り方


こんばんは。西京区桂にあるしせい整骨院 谷澤です。

お身体の痛みの原因となる「歪み」の予防として正しい座り方のお話です。

◆「姿勢の崩れ」はあらゆる症状の根元になる

本来、人の体は正しく使えていれば痛みが出ることはありません。間違った使い方をしていると姿勢が崩れ、背骨と骨盤がゆがみ、腰の骨や筋肉に無理がかかって痛みが起こります。

◆正しい姿勢に重要な骨盤の位置と背骨のS字カーブ

人の体は骨盤が土台・背骨が柱となって支えられています。背骨には身体にかかる負担をうまく支えるために適度なS字カーブがついています。これが使い方によって崩れると骨や筋肉に無理が掛かって痛みの原因となります。この骨盤と背骨を正しい位置で使えれば痛みは起こりにくくなります。

◆正しい使い方でスッキリ解消!

今までのクセを見直して正しい使い方をすることができれば肩こりも腰痛もスッキリ解消できます!まずは基本となる座り方をマスターしてください!

図2

~続けていくためのポイント~

背もたれは必ず使ってください

イスの高さが調整できない場合は足を置く台を用意しましょう。(雑誌などでもOK)

腰が痛くなったり疲れを感じたときは無理にひねったりせず、一旦立ち上がり、しゃがん  

  で膝を抱えこんで腰を丸めてください。腰の反りがなくなりラクにります。

正しい座り方をマスターしてお身体が痛まない工夫をしてみて下さいね!!

image011

image011