腰痛に悩まされるお母さんへ!


こんにちは!西京区 桂にあるしせい整骨院の梅田です!

妊娠から出産、そしてお子さんの育児をしている中で、

腰痛に悩まされるお母さんってたくさんおられますよね?

お子さんの抱っこやかたよった授乳姿勢などで出やすい状態でもあります。

あと、妊娠中から続く悪い姿勢や運動不足などで腰に痛みが出る事もあります。

さらに、お子さんが成長していくにつれて、抱っこひもが使えなくなり

夜泣きや不規則な睡眠が貯蓄され、家事や育児の何気ない動きの積み重ねが

お身体はの大きな負担になってしまいます。

ぎっくり腰にもなりかねません!

そこで今回は、育児中に腰痛になる原因についてお話していきます!

 

まず、腰痛が多く発生する原因は、

妊娠と出産で骨盤にゆがみがでること!

お子さんを抱っこするなど腰に負担が大きく悪い姿勢が続くこと! です。

 

育児はお子さんの目線や体型に合わせて行うことが大半なので

中腰などの低い姿勢をとることが多くなります。

この中腰の姿勢は、頭や上半身の重さを筋肉が支えるの状態なので

ぎっくり腰の代表的な姿勢にもなります。

中腰の姿勢は上半身を曲げずに膝を曲げることで腰の負担を減らします。

上半身は床と垂直の姿勢を保ち、膝だけを曲げ伸ばしすることで身体の高さを調節します。

 

このように、中腰の姿勢はとても腰に負担のかかる動作です。

日常生活を送る上で中腰になる回数を減らすだけでも

腰痛予防になります!

 

腰痛を根本から治したい方は、当院にご相談下さい!

image011