産後に骨盤矯正を始める正しい時期は?


こんにちは!西京区桂にあるしせい整骨院の梅田です!

産後から骨盤のゆがみが気になる方ってたくさんおられませんか?

骨盤矯正をすることで産後の体型、体重の増加を少しでも改善したいと思いますよね?

実際、出産を経験された方で産後の体型、体重に戻せずに悩んでいる方は多くいます。

 

産後の体型、体重の変化の大きな原因の一つは

出産による骨盤のゆがみです。

出産を通して大きくゆがみ、損傷を受けた骨盤は

しっかりとケアしなければ、

体型のくずれだけでなく

肩こりや腰痛、恥骨の痛みなどの原因になります。

 

そこで、今回は産後の骨盤矯正を始める正しい時期についてお話していきます。

 

産後の骨盤矯正を行う最も効果的な時期は

産後2か月目から早ければ早いほどいいです。

 

分娩時に最大に開き、ゆるんだ骨盤は産後3~4か月かけて

遅くても6か月くらいまでには少しず戻ってきます。

しかし、妊娠前からのゆがみや、

妊娠中のバランスのくずれなどで正しい位置には戻りません。

骨盤が元の状態で閉じるまでは、骨盤の骨を結合している靭帯は

柔かく緩み骨盤はグラグラの状態です。

この時期に骨盤矯正をすると出産前よりも健康的で美しくなることも可能です。

出産を機に骨盤矯正をされる方をたくさんおられます。

骨盤を整えてキレイになりたい方はこちら!!

image011