足の捻挫に注意!


皆さん、こんにちは!西京区、桂にあります、しせい整骨院です。

らしい気候が続き過ごしやすい時期ですね!皆さんはいかがお過ごしですか?

暖かくなってくると、運動をする機会が多くなると思います。その時1番多い怪我が足首の捻挫です。

_3023

もし足首を捻挫してしまったらどうすれば良いのかの処置です。

 

まずは安静にすること!

無理に動かしたり、体重をかけたりすると症状が悪化することがあります。座って捻挫した足を安静に保ちましょう。

次に冷却です。

捻挫した足を冷やして、痛みや内出血、炎症を抑えます。袋に氷を入れたものや保冷剤をテープや包帯タオルなどを介して痛めた部分に当てて下さい。

次に圧迫です。

出血や腫れを防ぐためにテーピングや包帯で圧迫します。ただし、圧迫がキツイと血流の悪化や神経圧迫の恐れがあるため、足の指先が青くなってないかをチェックして下さい。

最後に拳上です。

足首を自分の心臓よりも高い位置に上げると内出血を防ぐことができ、痛みを和らげます。クッションや枕、台などを使ってください。

この処置は、捻挫をして1~2日の間して下さい。3日目以降は反対に温めて下さい。捻挫当日は、血行の促進させないようにシャワー程度にしてください。

捻挫をしてもまず応急の処置をしっかりとして、治療にあたっていくようにしてくださいね。

怪我の無いようにこの季節を迎えて下さい!!