人によって体感温度はなぜ違うのか?!


 昨日はすごい雨でしたね……

湿度も高く除湿やクーラーをつけた方も多かったのでは

ないでしょうか? しせい整骨院では、快適空間でしっかりと

治療を受けて頂けます!ズボンなどのお着替えも用意して

おりますので、雨に濡れても大丈夫ですよ(^。^)

 

さて、今日は人によって暑さや寒さの感じ方がなぜちがうのでしょうか?

彼氏や旦那さんとクーラーの温度設定で言いあいになったことは

ないですか?!私はあります😅

それにはちゃんとした理由があるんです。


同じ温度でも体感温度は人それぞれですが、特に男女差は大きいものなのです。

一般的に男性は暑がりで、女性は寒がりなものです。男女の体感温度は

3~5度もの差があるといわれています。

その理由は、筋肉量の違いにあります

女性の身体は男性に比べて筋肉が少なく、脂肪が多いというのが特徴です。

人間の身体は筋肉によって熱を作り出すため、筋肉の少ない女性は男性に比べて

熱を作り出しにくいのです。

筋肉量によって基礎代謝にも差が出てくるのも、この熱を生み出す力が関わっています。

男性のほうが女性よりも太りにくいのはそのためです。

また、女性のほうが男性に比べて臓器が複雑にできているので、骨盤内にうっ血が

起きやすく、そういった要素も女性に冷え症が多い原因になっています。


そして暑い夏にこそ悩まされるのは、エアコンによる身体の冷えです。

慢性化して症状がひどくなると「冷房病」にもなり得るのです。

人間の体温調節をつかさどる自律神経は5℃以上の急激な気温変化に

対処できないため、それが繰り返されると体温を下げる交感神経と

体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、疲労感、肩こり、

頭痛、食欲不振、不眠など自律神経失調症に似た症状が表れます。

冷えでお悩みのことがございましたら、当院にご相談ください。

 image011