クーラー病


 こんにちは。桂駅西口にあるしせい整骨院の河窪です。

まだまだ暑い日が続きますね、みなさん夏バテしていませんか?

natsubate_girl-210x300

 

気温が高いとクーラーつけてしまいますよね、しかし暑いからとクーラーのかかっている部屋に長時間いたり、涼しい部屋と暑い屋外に出たり入ったりを繰り返したりすると・・・

 

「クーラー病」になってしまいます

 本来、人間の体温は自律神経によって暑さや寒さに対応しています。しかしそれが急激に繰り返されると、自律神経に負担がかかり、体温調節が上手くできなくなるのです。

 

症状として・・・・

 足腰の冷え

 肩こり

 頭痛

 腹痛

 神経痛

 全身倦怠感

 食欲不振などがあげられます。

 

 これが「クーラー病」と呼ばれるものです。

 

「クーラー病」を予防するためには

 ・外気温と室温の差を5度以下にする

 ・クーラーの風に直接あたらない

 ・シャワーだけでなく湯船にもつかる

 ・寝るときは、クーラーを28℃くらいにする

 ・冷たい物ばかり飲まない

 ・適度な運動をする

 

いくつか試してみましょう。きっとあなたに合う方法があります。

クーラーと仲良く付き合って残暑を乗り切りましょう!!

 

健やかな生活はまず姿勢から!

image022

image011