体の不調のサインを見逃してませんか?


 毎日、元気に過ごしておられますか?

暑かったり寒かったりで、何を着ていいか迷いますよね..

桂にあるしせい整骨院では、今日も“笑顔!親切!一生懸命!”

スタッフ一同施術をおこなっています!(^^)!

 

今日は、体の不調のサインについて、少しお話ししたいと思います

最近、急に冷えたりして、寒気が出たりしますよね…..

寒気が起こる原因は風邪だけじゃないんです。

寒気には色々な原因がありますが、実は凝りとも深い関係があるのです。

今回は、そのような体が出す不調のサインを逃さないためにも、

凝りと寒気の関係性について書きます。

 


寒気の種類

  ◆感染症や炎症が原因で感じられる寒気

  ◆体の冷えが原因で感じられる寒気

  ◆ストレスが原因の寒気

 

寒気を感じられる時に凝りが現れます!

 sotomawari_samui_woman

 寒気がするときの原因の一つには、体の冷えが関係しています。

体は「体温調節中枢」の働きによって一定の体温を保っているのですが、

何らかの原因により体が冷えると、体の熱を逃がさないよう血管を収縮させます。

そのため、体の表面温度が下がったことで寒気を感じられると同時に、

血行不良になった体は血液の流れが悪くなり、筋肉のすみずみまで栄養や酸素が

運ばれなくなってしまうため筋肉が硬くなり、溜まった老廃物が血管や筋肉を

圧迫して凝りを引き起こすのです。

また、寒いと感じられると体に余分な力が入ってしまい、筋肉が緊張した状態になります。

その時思わずとる姿勢の一つが、背中を丸めた「猫背」の姿勢です。

猫背の姿勢は、背中にある筋肉が伸びたままの状態になり、負担がかかります。

筋肉は疲労を起こして硬くなり、血管が圧迫されて血行が悪くなってしまうので、

背中や肩、首に凝りを引き起こしてしまいます。

この時、血行不良を起こしている体の表面温度が下がってしまうため、

寒気を感じるのです。

 

あなたも寒気で凝りがでていませんか?

ご自身でどうにもできない時は、一度体の状態の検査にいらして下さい!!

詳しく丁寧にご説明します。

 

image011