この時期に多い事・・・


こんにちは!しせい整骨院です!

急に寒くなって体調など崩されておりませんか?

最近の寒波はすごく強力で、54年ぶりに11月に東京に雪を降らしました。

こんな時期だからこそ様々な事に気を付けておかなければなりません!

風邪などの身体のこともそうですが、実は12月に一番発生しやすいものがあります。

 

交通事故です!

yjimage[2]

 

警察の調べでは一年を通して発生件数、負傷者数、死者数全てにおいて12月が一番多いことがわかりました。

毎年12月を迎えると思うのは、あっという間に過ぎ去っていく日々。

時間があるかどうかではなく、「忙しい」という感覚になってしまいます。

忙しいと心に余裕がなくなります。

1台の車だって車線を譲ろうという気が起きなくなってしまうのが人間というもの。

そういった「忙しさ」と「忙しさ故のささくれだった心」が事故を誘発してしまうのかもしれません。

年末のあいさつなどで忙しくなるのもさることながら、お歳暮などで宅配便業者の方も大忙し。

帰郷などで交通量も増大します。

焦りと渋滞などからくるストレスで運転が正常に出来ない場合もありますので、普段通りしているつもりでも危険な場合があります。

落ち着いていつもよりも丁寧な運転を心がけましょう!

 

12月の事故増加に拍車をかけているのが

 

凍結です!

都内や市内に住んでいる自分には関係ないと思う方がおられますが、実は案外凍ります。

特に凍りやすいのが「橋の上」です!

yjimage[4]

 

橋というのはそもそも河川の上にありますが、河川は冷たい風が吹き抜けやすい場所。

また、橋は空中に浮いており、地熱が届きませんので、非常に凍りやすい場所でもあります。

直前が凍ってなくても、橋に差し掛かったら凍結路、なんてことはあり得る話なので十分注意しましょう!

 

そしてもう一つは油断です!

 

冬用にスタッドレスタイヤに履き替えてもう安心と思っている方、非常に危険です!

スタッドレスタイヤにも実は弱点が存在します。

スタッドレスタイヤは、ラジアルタイヤに比べて、凍結路や圧雪路などで効果を発揮し、一定の速度以下ではグリップ力も発揮してくれます。

しかし舗装路を走るという事については、非常に「苦手」なんです。

特に降雨時のスタッドレスタイヤは非常に危険です。

スタッドレスタイヤは雪や凍結に強い代わりに、降雨時の路面ではグリップできないという問題も兼ね備えています。

その為、雨が降っているときにスタッドレスタイヤで走ると、制動距離が伸びたり、思うように曲がれない、という事態に発展します。

凍結には強いスタッドレスタイヤですが、それ以外には脆弱性を持ち合わせているのでいつものタイヤと同じ感覚でそうこうしてると事故につながります。

タイヤを交換したからといってもこのような落とし穴が多々ありますので、油断は禁物です。

いつも以上に安全運転を心がけ、事故しないように気を付けましょう!

 

image022

image005