寒いと姿勢が悪くなる


こんにちは。桂駅西口、しせい整骨院の河窪です。
いよいよ師走になって慌ただしくなってきましたね。

通勤や通学の朝も寒さが厳しく感じることも多くなりました。

寒さを感じると背中を丸めて首をすくめてしまいまいますよね。
けれどもこの姿勢は肩や首に大きな負担がかかってしまうのです。


 
私たちの肩には肩甲骨という骨があります。肩や首をすくめると肩甲骨は通常の位置より上に持ち上がります。

そのため肩甲骨の回りの筋肉に大きな負担がかかるのです。
肩甲骨に関係する筋肉はたくさんありますが特に菱形筋は肩こりや姿勢の悪さに大きく関与しています。

111images

菱形筋には大菱形筋と小菱形筋の二種類があり、頚椎や胸椎から始まり肩甲骨内側縁につながっていて、主に肩甲骨を上にもちあげたり外側から背骨の方へ近づける働きをしています。
つまり肩や首をすくめると菱形筋は働きっぱなしになってしまい肩こりや筋肉痛の原因になってしまうのです。

菱形筋の負担が大きくなって、うまく働かなくなると肩甲骨は背骨から外へ、肩が内側に巻き込んだような姿勢いわゆる猫背になります。

IMG_5842



このような不良姿勢が続くと背中や腰に大きな負担がかかり骨盤の歪みの原因となり全身にさまざまな影響を与えます。

一度自分の立っている姿をチェックして見ましょう。背中にネコを背負っていませんか?

ほっておくと日常の生活の妨げにもなりかねません。気をつけてくださいね。

次回は菱形筋などのケアについてお話します。

健やかな生活はまず姿勢から!!
今日も頑張りましょう。

image022

 

image011