冬を乗り越える為に!


こんにちは!しせい整骨院です!The Lego Batman Movie (2017)

忙しい年末年始も終わり用事も一段落してくるこの時期、実は体調を崩しやすいという事を知っていますか?

大きな病気は年末に多いのですが、細かな体調不良などはこの一月上旬に多いのです。

この時期体調を崩す原因の一つとして「食生活の変化」があげられます。

おせち料理やお餅など日々の生活ではあまり食べない物を食べるので、体内環境がそれに適応します。

その状態で年末年始が終わり、食生活がまた元に戻るので、また体内はその環境に適応しようと変化します。

その過程で体調が崩れやすくなってしまいます。

また他の原因としては、気温の急激な低下、仕事初めの身体への急激な負担。

そういったものが重なって身体に辛い変化が出てきます。

それを防ぐため、また、大きな影響を出来るだけ出さない為の生活方法があります。

今回はそれを紹介していきます。

 

1:寝る時間をきっちり決めすぎない

冬の睡眠時間は、7時間から9時間程がよい」と言います。

動物は冬眠するもの。そして、人間も動物です。ですので、寝過ぎやすぐに眠くなることを気にする必要はありません。出来るときに時間をとって、よく眠るようにしましょう。

 

2:牛乳を飲む・乳製品を摂取する

冬になると風邪が発症しやすくなります。

防ぐには体の免疫力を高める必要があります。

免疫強化に重要なのは、免疫細胞や抗体の材料になるたんぱく質

不足すると、免疫に大切な抗体やウイルスを殺す働きをもつNK細胞が減少してしまいます。

そして、免疫機能を高める働きは、動物性たんぱく質の方が効果大。

造血作用に関わり、免疫力アップに重要なビタミンB12も植物性食品には殆ど含まれていません。

どちらも兼ね備える牛乳や乳製品は、風邪予防にも良いとされています。

体を冷やさないように、ホットミルクやチーズを摂りましょう。

 

3:身体を温める・温かい朝食を食べる

朝ごはんを抜いていませんか?

寒い朝に、温かいものを食べることでよい1日のスタートもきれますし、でんぷんや食物繊維を吸収する力を高めます。

きちんと朝食を摂ることによって、エネルギーチャージができますし、昼前にお腹が空いてスナック菓子などに手を出すこともありません。


ビタミンやミネラルの豊富なオートミールもオススメです。オートミールを作る場合には、ドライフルーツやバナナを入れて甘味を加えると栄養価がアップし、食べやすくなります。

またお風呂の湯船に浸かりましょう。

この時はお湯を熱くしすぎない事が重要です。

寒い冬はお風呂場も寒いので急な熱を体に与えるとヒートショックが起こってしまいます。

ぬるい温度のお湯にしてじっくり浸かり身体を温めましょう

 

4:外出・運動をする

出来るだけ外出して身体を動かしましょう!

家族や友人と外に出かけて、何か新しい遊びや運動をしてください。

適度な運動は体を健康に保ちます。体重をコントロールし、また免疫力もあげることができます。

家の中に閉じこもってばかりだと、家の空気や自分のテンションも暗くなりがちです。気分転換のためにも外に出ましょう。

 

少し意識するだけで身体は変化します。

日常生活の中で少し空いた時間があれば是非実践してみてください!