ヒールを履いた後の足のケアは?!


こんにちは!西京区 桂にあるしせい整骨院です。

3月は卒業シーズンですよね。

皆さんの中にも、今年卒業されるお子様がおられるのでは

ないでしょうか?

いつの卒業も、色々思い出があり、感慨深いものですよね(*^_^*)

そして、4月にまた入学式や入社式があり、スーツやヒールを履く機会が

多いですね。

 

 今日は、ヒールを履くと体にどのように影響を与えるか!?

について書きたいと思います(^O^)

 

ヒールを履くと、前に傾斜した土台に立つことになるので、つま先の方に

体重をかけて、体の重心が前重心になります。

 

    

 しかも、そのままだと前のめりになって倒れてしまうので、

上半身を起こして重心を調整しようとします。骨盤は前に傾いたままなので

お尻を突き出して、腰を反らした状態になります。

いわゆる、骨盤が前傾姿勢になります。

 

そうすると、腰や足の筋肉の負担もとても増えます!

ですから、ハイヒールを履いた後の足のケアをしっかりしましょう。

ハイヒールを履くと、実は皆さんが考えている以上に足(脚)の筋肉・関節には

疲労が溜まっています。

そのままにしておくと様々な足の病気に繋がりかねないため、ハイヒールを

履いた後には、足のケアがとっても大切です。

 

 ゴルフボールを使った足裏マッサージ

ハイヒールで疲れた足のケアには、ゴルフボールのマッサージがオススメです。

ゴルフボールを床におき、足をその上において、体重を掛けてコロコロと動かすだけ。

土踏まずを中心に、ツボ押しのように足裏をグリグリ刺激します。

これだけで、ヒールによって不自然に強ばっていた筋肉がほぐれ、血行も良くなるんですよ

 

 つま先立ちのかかと上下運動

  つま先立ちをしてかかとを上下に動かす訓練が、ハイヒールに負けない足を作るのに

 役立ちます。

 かかとの上下運動は1日に20〜30回ほど行ってください。

 足が痛くてハイヒールを履けない人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 ヒールを履いた後は、しっかり足のケアも忘れずにして下さい。

この小さな積み重ねが、体の負担が溜まっていって歪みや筋肉のコリに

なるのを予防します!!

それでも、回復しない場合や体のお悩みがある場合は、当院にご相談

して下さい。