人身事故にしないで欲しいと言われたら?


こんにちは、京都市西京区 桂しせい整骨院です。

 

 

今回は、先日来院された交通事故の患者さんからご質問を受けた

「相手方に人身事故で届けずに、物損事故で届けてもらえませんか?治療費は払います」と

頼まれたのですが、どうしたら良いでしょう?という事柄に対して

詳しく解説します。

 

 

 

まず、交通事故には大きく分けて2種類の事故があります。

京都市西京区交通事故むち打ちチェック人身事故・・・交通事故で、誰かがむち打ちなどのケガをした場合。

京都市西京区交通事故むち打ちチェック物損事故・・・交通事故で、ケガはなく車の損壊等で終わった場合。

 

人がケガをしているのか、否かがポイントとなります。

 

 

 

では、上記のようになぜ人身事故(ケガあり)を物損事故(ケガなし)と

届出をしてほしいと頼まれるのかというと、

人身事故か物損事故かで免許証から引かれる点数が変わる為という理由が大半です。

 

相手方のご職業によっては、免停になるとお仕事ができなくなってしまう等、

様々な理由からこういった交渉を持ちかけられることは良くあります。

 

 

「ケガをしているのに、物損(ケガなし)と届けていいの?嘘にならないの?」と、

疑問に思われるかもしれませんが、これは実は法的には問題ありません。

 

法的には被害者側が「この交通事故でケガをした」という病院からの診断書を

警察に届けて初めて人身事故としての扱いとなります。

なので、骨折をしようと、極端な話が腕や足がなくなっても

被害者が届出をしなければ人身事故があったという扱いにはならないのです。

 

 

 

では、これがどういったメリットとデメリットがあるのかというと、

実は被害者さんからするとメリットはありません。

強いて言うなら、加害者さんが知人や身内だった場合には

その方の免許から引かれる点数が少なくなるということくらいでしょうか。

 

 

デメリットでいうと、治療費や慰謝料等の保障がなくなる可能性があるということです。

 

人身事故としての届け出をしていると、相手方には治療費や慰謝料等を支払う義務が発生します。

ですが、物損事故として届け出をしていると、

土壇場になって話をひっくり返される可能性もあります。

万が一、後遺障害が残った場合も保障がありませんので、ややこしい話になります。

 

 

間に損保会社を挟んでいるから大丈夫…と思っていても、

これで揉めてしまうケースは案外と多いものです。

(あちら側から即座に「物損でお願いします」と交渉してきた場合なんかは、

常習の可能性もありますから余計に注意が必要です)

 

 

 

ですから、ご自身やご家族の為にも安易に了承しないで慎重になるべき事柄でしょう。

できれば、きちんと人身事故で届けを出すことが望ましいですね。

 

 

交通事故では、むち打ち等のケガだけでなくこういった手続きや交渉の問題も多くあります。

桂しせい整骨院では、グループ院で約1000件の実績を元に治療のご提案

手続きのアドバイスをしております。

 

お困りの方は一度ご相談くださいね。