正しい立ち方と腰痛


 こんにちは 京都 西京区 桂 しせい整骨院です。

 

 

今日は腰痛についてのお話です

みなさんは腰の痛みで苦労したことはありませんか?

朝起きたら腰が痛みで動かせなかった・・・

など経験のある方は多いはずです。

 

いったい腰痛の原因は何でしょうか?

一番の原因は「不良姿勢」、つまり姿勢の悪さにあるのです。

普段している立ち方や姿勢が徐々に腰に負担となり

腰痛を引き起こす原因となるのです。

 

では正しい立ち方とはどのようなものでしょうか?

一度まっすぐに立ってみて下さい。横から写真をとってみましょう。

京都市西京区交通事故むち打ちチェック背中が丸くなっている

京都市西京区しわたるみほうれい線画像顔が体より前にでている

京都市西京区交通事故むち打ちチェック腰が反っている

京都市西京区しわたるみほうれい線画像膝が前にでている

などがあるなら要注意です。

 

通常、正しい立ち方をしている時は

くるぶし → 膝 → 腰 → 肩 → 耳

すべてが一直線上に位置します。

 

これをゴールデンラインといいます。

 

実感できない方は壁にかかと付けて立ってみましょう。

腰や肩、頭が壁についていますか?

 

腰と壁の間にこぶしがすっぽり入るなら「反り腰」、

肩や頭が壁から離れているなら「猫背」かもしれません。

 

このような姿勢が続くと腰痛は治りません

 

つまり腰痛の予防と改善には正しい立ち方をすることが

重要なのです!

 

正しい姿勢を保つには・・・

京都市西京区交通事故むち打ちチェックへそを引っ込めるイメージ&お尻に力をいれる

京都市西京区交通事故むち打ちチェック胸を張って肩甲骨を後ろに引く

京都市西京区しわたるみほうれい線画像足を肩幅ぐらいに開いて立つ

京都市西京区交通事故むち打ちチェック目線を上げ、顎を引く

 

これらを一度試して下さい。

 

ただし・・・

一日だけではなく、毎日気をつけることが必要です。

 

腰痛が気になる方は当院にご相談下さい。