腹筋を鍛えたら腰痛が治るって本当?


こんにちは 桂駅の西口側にあるしせい整骨院です

 

 

 今日は、腰痛と腹筋の関係性についてお話ししますね。

 

早速ですが、腰を支える主な筋肉は、どのようなものかご存知ですか?

 

 

 

 

腰を支えているのは割れた腹筋のような表面上の筋肉ではありません。

 

 

実は、カラダの奥にある深層筋(インナーマッスル)です。

 

 

これらを鍛えることが重要と言われています。

 

 

しかし、ただ鍛えるだけでは、不十分です。

 

なぜなら、筋肉は骨格につくもの。

 

ですから、骨格の位置関係も大切になってくるのです。

 

 

骨格の位置関係つまり歪みは、日常生活の身体の使い方、クセ、

仕事などでの偏った使い方など、

自分自身では気づかないうちに歪んでいることが多いです。

 

 

その状態で鍛えても、骨格が歪んだ状態で筋肉がつくので、

偏った筋に負担がかかったり左右差の原因となります。

腰痛で悩む人が過度な腹筋や背筋のトレーニングをすると、

痛めている腰にさらに負担がかかり、

かえって症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 

 

 

腰痛に悩む方がいきなり筋トレをすることは

病人に高カロリーなものを食べさせるのと同じで

かえって負担になるということですね。

 

ですから、当院ではまずは腰痛の原因になっている骨格のバランスや筋の損傷を

治すことを推奨しています。

その方にあった治療を提供しますので、無理をせずにご相談くださいね。