交通事故に遭った時の重要チェックポイント


こんにちは、京都市西京区 桂しせい整骨院です。

 

全国の秋の交通安全運動が9月の21日からスタートしますね。

 

桂しせい整骨院では交通事故のむちうちなどのお怪我に対して

専門的な治療をおこなっています。

 

 

今日からしばらく、交通事故に関して知っておくと為になる情報を

みなさんに発信したいと思います。

 

 

 

では、今日は交通事故に遭ってしまった時の

重要なチェックポイントについてです。

 

 

まず、交通事故に遭った場合に運転している人の義務として

何点かやらなくてはいけないことがあります。

 

 

①負傷者の救護

ケガをしている人を放置せずに、救急車を呼んだり

止血などの手当てをすることです。

なお、頭を強く打っている場合はむやみに動かさないようにしましょう。

 

②道路上の危険防止の措置

二次・三次的な事故を防ぐため、事故車両を端に寄せたり

路上の錯乱物の撤去、交通事故が起きている旨を示す明かりや

標識の設置などです。

ただし、事故現場の保全なども求められますから

出来れば写真等を撮った後が望ましいでしょう。

 

 

③警察への届け出

警察に届けをしないと、後々後遺症や修理費の保証などがおりない場合があります。

警察を呼ばないとどのような不都合があるのかは

過去のブログ京都市西京区交通事故むち打ち画像「警察を呼ばないとどうなるの?」京都市西京区交通事故むち打ち画像をお読みください。

 

 

 

特に、①の負傷者の救護をおこなわなかったり

危険防止の措置をすることなく立ち去ると

ひき逃げと見なされ100万円以下の罰金または10年以下の懲役が科せられます

 

 

以上が交通事故に遭ってしまった場合の最も重要な点です。

 

 

交通事故の専門治療は桂しせい整骨院におまかせください!