交通事故現場での相手の確認は


こんにちは、京都市西京区 桂しせい整骨院です。

 

 

 

交通事故現場では警察を呼んだあとお互いに身分の確認をしますが

その時に大切なポイントをいくつかご紹介します。

 

確認しておくべき内容

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の免許証(氏名・住所・電話番号)

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の車両ナンバー(車の後ろのプレートで確認する ※後ろは取り外しが利かない為)

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の車検証(ドライバーと車の所有者が同じかどうか)

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の自賠責保険の証明番号と保険会社名、加入年月日

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の話(録音やメモ)

京都市西京区交通事故むち打ちチェック相手の名刺2枚

京都市西京区交通事故むち打ちチェック交通事故により壊れたもの、車の傷

 

 

結構多いな…とお感じになられるかもしれません。

基本的には、これらはスムーズに話が進めば必要のないものも中にはあります。

 

 

ですが、中にはいろいろなケースがあり

実は相手が無免許運転、または免停中だった

自賠責保険に入っていなかった

盗難車だった、身分の偽りがあった

会社の車だった、借りた車である

 

…等々、案外と多いものです。

 

特に、会社の車だった、家族の車だった(自分の車ではない)というケースは多く

その場合は車両所有者の責任なども発生します。

 

また、相手方が任意の保険に加入している場合は

保証される内容も変わってくることがありますので、

こちらも確認してもらうと良いかと思います。

 

交通事故で慌てている中ですので、お互い見落としやすい点もあるかもしれませんが

後々のトラブルを避けるために、きちんと確認を取りましょう。

 

また、焦りから「これも!こっちも!ちゃんと証明してください!」と

ついつい強い口調になりがちなのですが、

そのことがまた別のトラブルを呼んでしまった事例もあります。

 

あくまでも「お互いの今後のやり取りをスムーズにするために」という姿勢で

丁寧にお話をすれば問題は起こりにくいでしょう。

 

ただし、そのように申し上げても身分の証明や自賠責保険の証明を見せてくれない場合、

もしかすると何らかの犯罪行為等がある可能性も。

 

そういった時は無理に押し通すと危険性が高くなりますので

警察の到着を待つ、念のため車のナンバーや車種、相手の特徴を覚えておく

等にとどめておいたほうが良いかと思います。

 

交通事故でのむち打ちやケガ、その他の手続等についてのご相談は

桂しせい整骨院までご相談ください。