ぎっくり腰や肩こり、湿布は温感?冷感?

ぎっくり腰や肩こり、湿布は温感?冷感?

 

おはようございます。

 

京都市西京区 しせい整骨院 院長 谷澤です。

 

 

皆さん、湿布の貼り方、選び方に迷ったことはありませんか??

一般的に湿布と聞くと「冷やす」という印象をお持ちの方が多いと思います。

 

そして湿布には主に「冷感湿布」と「温感湿布」の2種類がありますよね。

ここで「どちらを貼ればいいの?」という疑問が出できませんか?

肩こりや腰痛だったらこっちで、捻挫やぎっくり腰だったらこっちと

症状によっては違うのかな?とお悩みの方もおられるかと思います。

 

 

実際、患者様からもよく質問を受けます。

では、果たしてどちらが正解なのか?

答えは、どちらも「同じ」です。

 

 

「どういうこと?」と声が聞こえてきそうですが、

ポイントは「冷感・温感」の字のごとく

実際は「冷たく感じているだけ」「温かく感じているだけ」なのです。

冷感湿布にはメンソールが、温感湿布にはトウガラシ成分が含まれているからです。

 

 

ですから、冷やしてもいないし、温めてもいないということになります。

(厳密に言うと、白い湿布はゲル状の部分に含まれた水分が蒸発することにより

気化熱で冷えていくことになりますが、冷やすこと専用ではないので

効果としてはそれほどは無いと思っていいでしょう)

 

 

もちろんお身体の症状、状態があってのことですが、

冷やすのであれば「氷水」温めるのであれば「お風呂に浸かる」などで対応すれば

その状態に合った効果が得られると思います。

 

また、ご家族の方で病院から大量のシップをもらってきている場合などは決して

安易に貼らないほうがいいと思います。

何故なら、その方の状態、症状に合わせて病院が処方しているものですから

もし貼ってしまうとお身体に合わない可能性がありますので注意してくださいね!!

 

特に、茶色い湿布は痛み止めの成分が含まれていますので、

それを貼って痛みを感じにくくさせた状態で動いてしまうと

かえって症状が悪化してしまうこともありますので要注意です。

 

ただし、湿布を貼ることが日常になっている、というような場合は

お身体にかなりのダメージが蓄積していますので、

当院まで一度ご相談くださいね。