肩こりに良い枕の選び方

肩こりに良い枕の選び方

こんばんは。京都市西京区

阪急桂西口からすぐの しせい整骨院 谷澤です。

 

 

患者さんから「肩こりや寝違えをしやすいけど、どんな枕が良いですか?」

聞かれることがあります。

 

肩こりでお悩みの方や、緊張性頭痛をお持ちの方からすると

お悩みになられるかもしれませんね。

 

 

良い睡眠を得るには

「立っているときと同じ姿勢を維持すること」が大切と言われています。

(※もちろん、正しい姿勢で立っている時と同じということです)

 

枕は、その姿勢維持をサポートする重要なアイテム。

ですから高すぎても低すぎてもいけません。

 

高すぎれば首の筋が張った状態になり肩こりの原因になり、

気道が圧迫されるためイビキをかきやすくなることも

女性ならば、首にシワができてしまうことも気になりますよね。

 

逆に低すぎれば、眠りが浅くなったり

頭に血が上るような状態になるので翌日顔がむくむことにもなるでしょう

 

では、この「高い」「低い」は何を基準にしているかというと

先程の「正しい姿勢で立った状態が保持できているか」です。

 

ですので、例えば筋肉質だったりふくよかで体幹に厚みのある方は、

その分枕にも多少の厚みが必要です。

なぜなら胴体部分の厚みがあるために、仰向けになった時に頭が後ろに

反ってしまうからです。

高齢の方で、背中が丸くなった状態で変形している方も同様です。

 

反対に、痩せ気味の方はあまり厚みは必要ない場合が多いですね。

 

 

体型には個人差があるため、枕の合う高さは人によって違いますから、

必ず自分の体型に合った物にして下さいね!

 

また、必ず横向きになった時も楽かどうかのチェックも忘れずに!!

横向きの場合は首が横向きに過度に曲がらないよう、肩幅程度は必要になります。

仰向け用と横向き用の二つ置いておくのも良いですし、

どちらか寝やすい方を選んでも良いでしょう(*^_^*)

 

寝がえりしても大丈夫なように枕のサイズは最低でも肩幅以上あるといいですよ!!

 

ただし、私の経験上、枕で悩むほど肩こりや肩・首の痛みがひどい場合は

もう治療が必要になっているケースが大半です。

本来であれば、寝ているだけで痛むというのはおかしなことで、

枕を変えたからといって解決することは難しいと思われます。

 

もしも、寝ているだけで肩の鈍痛が治まらないという方は、

一度しせい整骨院までご相談くださいね!

同じようなお悩みが解決している方が大勢おられます!

 

関連記事

肩こりの本当の原因は?

肩こりで頭痛が悪化する方へ

寒いと姿勢が悪くなる!