交通事故に遭ったら、まず何をするべきか

交通事故に遭ったら、まず何をするべきか

こんにちは、京都市西京区 桂しせい整骨院です。

 

どんなに気を付けていても、突然あってしまう交通事故。

万が一あってしまった場合、どうすれば良いのか?

知っておくことで焦らず冷静に対応ができますので

いざという時の安心のために、ぜひ知っておいてくださいね。

 

 

京都市西京区しわたるみほうれい線画像まずは怪我人がいないか確認!そして警察へ連絡!

交通事故を起こした時、当事者(加害者)には3つの義務が発生します。

 

それは

京都市西京区右京区肩こり整体・花負傷者の救護

事故により負傷してしまった人がいる場合は、救急車を呼びましょう。

頭部を損傷している場合もありますので、むやみに動かさない事が大切です。

京都市西京区右京区肩こり整体・花道路上での危険防止措置

二次的な事故を避けるために、交通の邪魔にならない場所に車を移動させ、

路上の錯乱物の除去や標識の設置をします。

ただし、警察が来るまで事故現場を証拠として保全しておく必要もありますので

できれば写真に撮っておくのが良いですね。

洛西桂川西院肩こり整体・花警察への届け出

どのような事故の場合でも、警察へは必ず報告しなければなりません

大した事故ではないからと届け出をしなかった場合、

後になってむち打ち等の症状が出たり、車の修理が必要になったとしても

事故によることを証明できなければ自動車保険は使えません。

任意の自動車保険に加入している場合は、保険会社にも早めに連絡をしましょう。

 

 

京都市西京区しわたるみほうれい線画像必ず相手の確認!

お互いに免許証や車検証などを見せて、相手の身元確認を必ずしましょう。

確認しておくべき内容は

京都市西京区右京区交通事故・花相手の免許証(住所・氏名・生年月日)

京都市西京区右京区交通事故・花相手の車両ナンバー(取り外しの利かない後ろのプレートで確認しましょう)

長岡市向日市西京極むち打ち・花相手の車検証ドライバーと車の所有者が同じかどうか

事故車が借りた車や勤務先の車であれば

損害賠償上の対応も変わってきますので、

車の所有者が運転者自身かどうかの確認は必ずしておきましょう。

洛西桂川西院沓掛交通事故・花相手の自賠責保険の証明番号と保険会社名

損害賠償の請求先を把握するために、

相手の加入している自動車保険を知っておく必要があります。

自賠責保険は強制保険ですが、

まれに加入していない場合もありますので、しっかり確認しましょう。

大枝樫原川原川島むち打ち・花相手の話(会話のメモや録音)

長岡市向日市西京極むち打ち・花相手の名刺本人確認のため2枚

京都市西京区右京区交通事故・花交通事故による車の傷・壊れたもの等

 

 

 

交通事故に遭ってしまったら、、、

やらなければいけないこと、確認することなど沢山あって大変ですが

まずはご自身の健康・安心が第一です。

事故治療は当院でも負担金ゼロで受けられますし、

提携の弁護士に相談することもできますので

突然の困りごとでも、遠慮なくお電話でご相談くださいね。